2018年5月20日日曜日

ぼくらのなつ 朝霧高原スクランブル大会!


まだ梅雨入り前ですが

夏の恒例行事

朝霧高原スクランブル大会

公式ブログが開設されました!

↓ ↓ ↓




今後、みんな憧れのタスキの作り方も公開されるようです!

ライダーも

コスプレイヤーも

もう夏は始まってるぞ!

乗り遅れるな!!!


過去の朝霧高原スクランブル大会はこちら




2018年5月12日土曜日

ご機嫌斜め? 2ストオイルポンプ


DT1のオイルポンプ
ダイヤル側からオイル漏れがあるとのことでオーバーホールのご依頼です。

分解前に目視確認していきますが、


このポンプのように、ダイヤルがつく軸端が極度に錆びているものはオーバーホール不可となる場合があります。


錆を磨いて除去すれば、ポンプボディにダメージを与えることなく抜けるのですが


オイルシールのリップと接する部分まで錆が回っているものは、表面がクレーター状になっているため、いくら新品のオイルシールに交換しても再び漏れてしまうからです。

また、軸が摩耗して痩せてしまっているのも再利用不可です。
鉄の軸とゴムのオイルシール
摩耗するのは硬い鉄なんです。不思議ですねぇ。


今回のポンプは目視上、大丈夫なようです。


おや?


最小ストロークを決めるシムが外側に付いてますね。


最小ストロークがほぼゼロでした。
これではアイドリング時に給油できなくて焼き付きますよ!


さて、ダイヤルを外してシールの確認です。
少し前にシールは交換したそうなのですが、、なんだか違和感ありませんか?


シールが斜めに圧入されてます。
原因はこれでしょう。


分解して内部も確認します。


プランジャー
摺動部に痕はありますが、修正許容範囲内。


カムに打痕があり。


修正しておきました。


その反対側にあるだいたいユルユルの尻栓。
この尻栓は接着されていて問題なし。
念のため、上から樹脂を流しておきます。


ぱっと見、キレイなプランジャーカムですが、


錆を磨き落としてあり、リップと接する部分付近にクレーターが確認できました。

普通にオイルシールを組むと、またここから漏れだす可能性がありますので、オイルシールを加工、挿入位置を少し奥にすることで、キレイな面で接するようにしていきます。


加工したオイルシールは、軸に対して斜めにならないように治具を使って挿入


位置と傾きをチェック


内部の大きいシールも同様に治具で挿入し、プランジャーが接する部分には


グリス(赤い部分)を塗布します。

オイルポンプ内部は、2ストオイルで満たされており、常に潤滑されてるのでグリスは要らないのですが、プランジャーカム部はオイルシールの外側になるので、グリスによる潤滑が必要となります。

ということは、定期的に分解整備が必要ってことですよ。


シムも正しい位置で組上げて


最小ストロークを0.25mmで設定


最後にリークチェックと吐出チェックをして完成です。





2018年5月5日土曜日

第3回ヤマハオールド2ストロークミーティング





今年も懲りずにチャンプ シンタロウの隣の○ンご飯…じゃなかった、、、

ヤマハオールド2ストロークミーティングを開催します!

今回は、DT1 発売50周年を記念して、2スト トレールをフィーチャー!

今すぐ予定表に書き込め!!

2018年5月2日水曜日

DT1 GYT kit

今回のチキチキはDT1の50周年イベントということで、当時のDT1レーサーが展示されていました。






DT1 GYTキット装着車
ヤマハ純正のレーサーキット(GYTキット)を装着するだけで簡単にパワーアップ、即参戦出来ることが人気の一つだったと思います。

GYTチャンバーがやる気あるいい音するんだ!





インナーローターを収めるためのジェネレーターカバーの追加工がレーシーでカッコいい



ズバリ! かなりの実践派!!

2018年4月29日日曜日

チッ!

チキチキのリザルト


コータローくん
トレール&レゴラリータ2  7位入賞
トレール耐久 5位入賞


営業部長
ノービス 2位!


営業部長&その部下
ミニ耐久  ノーマルオープン 9位入賞!




で、
アコモは…
ジャンケン大会で野菜カッターを勝ち取った!
だけ…



だめだこりゃ
めっちゃ楽しかったけど、悔しさも残るチキチキでした。

チッチキチー…