2017年3月24日金曜日

週末の3/26(日)は SPEED & CUSTOM SHOW 2017

今週末の3月26日は、SPEED & CUSTOM SHOW 2017 に出展します!

今回は


先日のデビュー戦でチャンピオンマシン(笑)となったAKO-SR




フラットトラックレーサー風おつかいDT1F

を展示します。


展示場所はココ


メイン入口にほど近いところ


では、みなさま名古屋でお会いしましょう!

2017年3月22日水曜日

YOGP 40minGP100ccOVER


ツインショックはアコモのSR1台だけ。

しかもかなり遅いね。。

今回はデビュー戦ということもあって、かなり抑えて走ったけど、

次回はもっと積極的に走る!!!

練習もする!!!!!

2017年3月21日火曜日

2017YOGP春分の日杯 元アコモHT1

行ってきました!YOGP@春分の日杯!!



とても気持ちいいポカポカ陽気で最高のレースシーズンのスタート!
もう雨男の汚名は返上で良いですよね~♪

2017シーズンはこのAKO-SRで参戦するので、昨シーズンまでの愛機 HT-1はお客様のTさんに乗って頂けることになりました。


T様 初のレース
ちょっと緊張しているようです。


しかも今回はドローンによる空撮も行われています。


さぁ、ヘルメットタッチでスタート直前。

ドキドキドキドキ

スターーーートっ!!!!!


!!


!!???




気合入り過ぎですって笑



頑張れ~!


いいよいいよー!


パィィ~ンっ!


あら笑


無事に初ヒート完走!


お疲れ様でした!!!
1ヒート走行でもうクタクタ。
わかりますよ!僕もついこの前まではそんな感じでしたもの。

もっと楽しく走れるように、アクセル開けてパワーバンドに入れる練習していきましょうね。



2017年3月19日日曜日

速報!! AKO-SRデビュー戦@YOGP







YOGP 40分耐久レース ツインショッククラス優勝しました!!!!!

※何台中1位なの?と聞いたりリザルト検索したりすること厳禁!(笑)

2017年3月18日土曜日

遠足前夜は寝られないタイプ YOGPデビュー戦の準備

明日はYOGP今期第1戦!
どうやらお天気もヨロシイようで。
もう楽しみで仕方ありません♪


AKO-SRデビュー戦なのでタイヤを新しく履き替えます。
公道OKのミシュランAC10からエンデューロタイヤのIRC VE33へ

サイズは110/100-18

AKO-SRはスイングアームを少し詰めていることもあって、これ以上太いタイヤは履けません。というか、じつは少し当たってしまったのでアームを削りました。


リアにボリュームがでてカッコよくない!?
ほぼほぼ見た目で選んでしまいました。


21インチに変更したフロントにも新しいタイヤを。
ダンロップのAT81
オールテレーンのエンデューロタイヤでどんな路面でも80点の走破性能だそうで。
へたっぴアコモさんには充分合格点!


あとはゼッケンを取り付けて。。


 まぁ、相変わらずお上手なこと。。




最後にエアフィルターを洗浄してオイル塗布して
準備完了!
明日は怪我しないように楽しもう!!

2017年3月15日水曜日

思ってたよりも早くてがっかりしたけど、次の週末はレースで落ち込んでる猶予はないので次の一手を打ちました という内容のお話


先日、香嵐渓で行われたON ANY SANDAの練習会で

『キックが出来なくなりました』

との報告が。。。

※アコモHT1は新しいオーナーのもとへ嫁ぎ、納車直後の練習会で折れちゃいました。申し訳ございません。


で、開けてキックシャフトを取り出してみると


予感的中。。。溶接部が。。

そりゃー、捩じり かつ 衝撃荷重がかかりますからね。

誰ですか、こんな修理したのは。。



はーい。。。



しかーーし!


小加工で流用できるキックシャフトを発見!!!

今度はこれで耐久というか作動テストです。

軸自体は手を入れていないので大丈夫!なはずです。

ご迷惑お掛けしました。

それなのに、『これからも色々試して勉強してください!』とのお言葉を頂きました。

ほんとありがたいです。

このHT1はまだまだやりたいネタがいっぱいです。
一緒に面白い車両にしていきましょう!!!


2017年3月9日木曜日

HT90 エンジンオーバーホール これもあんまりない


溶接されてたキックシャフト


分解する際に切り飛ばしましたが、このキックシャフトもピストン同様出てこないんです。
中古はよく見かけるのですが、どれもこれもスプラインがダメになってる。
新品もたまに出てくるのですが、定価の10倍くらいのプライスに。
いくらなんでもそれは高須クリニックなので


流用できそうなのを探すことに。
オーナー様がH3のキックシャフトが同じみたいだと同梱してくれていました。

確かにスプラインは同じですが・・・


ストッパーの形状が少し異なります。
まぁ、この程度なら削りで調整可能です。


シャフト単体にして確認すると、ギヤの飛び出し位置を決めるサークリップの溝位置が少し違っていて惜しい!
しかも、位置が少しかぶっているので、溝を切り直すことも出来ない。。


じゃぁ、スプライン部分だけ入替えちゃえ!


接合部分をインロー嵌合させて


溶接してビードを整えて完成!! 
あとはエンジンに組み込むだけですが。


スプライン入替えは初の試みで、そのままお客様に使うのは少し不安でしたので、修正キックシャフトは自分のHT1に入れてレースでガンガン蹴ってテストしてみます。

このあと何十回と強めにキックしていますが、今のところ大丈夫です。
それより先にスプラインがズッコケそう笑